英語で人生を豊かに

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はダイヤか石ころか

裏留学街道101

留学生がソーシャルセキュリティーナンバーを取得する方法

海外生活 留学生活 社会

「ソーシャルナンバーさえあれば・・・」

 

アメリカに来てしばらく経った留学生なら必ずぶつかる壁、

それがソーシャルセキュリティーナンバー。

 

アメリカでソーシャルセキュリティーナンバーを持っていないのは人として存在していないのと同じことです。

 そんなソーシャルセキュリティーナンバーはアメリカ生活において必須アイテム なので出来るだけ早く取得してしまいましょう。

 

ソーシャルセキュリテーナンバーとは?

ソーシャルセキュリティーナンバーとは納税者番号の事で、日本でのマイナンバー制度と同じものと言えます。

 

アメリカにおいて個人が支払っている税金はソーシャルセキュリティーナンバーによって政府が管理・記録しています。

ソーシャルセキュリティーナンバーがあるからこそアメリカは国としてどれだけお金があるかを常に把握できるって事です。

 

ソーシャルセキュリティーナンバーは仕事を得る時、政府からのベネフィットをもらう時などに使われます。

そのほかにも車を買う時やアパートの契約をする時など日常生活でも度々使用する場面があるのでアメリカ人からした持ってないなんてありえない代物です。

 

こちらが政府のソーシャルセキュリティーナンバーに関するWebページ

https://www.ssa.gov/ssnumber/

 

ソーシャルセキュリティーナンバーを持ってない場合のデメリット

 ソーシャルセキュリティーナンバーを持っていないと、持っている人が受けている恩恵(持っている人は当たり前にに受けているので恩恵とすら思っていない)が一切貰えない、かつ余分に支払いをしなければならないなど生活レベルが一般のアメリカ人より下回ります。

 

つまりソーシャルセキュリティーナンバーを持っていない人はマイナスの生活を強いられることになるのでアメリカで生活していく上では必需品です。

 ソーシャルセキュリティーナンバーを持っていないと生活していく上でデメリットしかありません。

 

例えば

  • アパート、携帯電話などの契約ができない

契約ができたとしてもデポジットと呼ばれる保証金(アパートのデポジットの相場は家賃1−2ヶ月分)を初めに払わなければいけません。

これは相当の出費になります。

例えば家賃$800の所に引っ越すとして引っ越しにかかる費用は$800+$800で$1600

デポジットは一度預けてアパートを出る時に払い戻されるのですが、アパートのオーナも一度手元に入ってきたお金なので難癖をつけて100%は返さないようにします。

 

  • クレジットカードが作れない

日本人の感覚から言うとクレジットカードなんているの?と思うかもしれませんが、

クレジットカードはソーシャルセキュリティーナンバー同様アメリカ生活をする上では必需品です。

なぜならアメリカでクレジットカードを使って返済していく事を繰り返すとクレジットヒストリーを築く事ができるからです。

 

日本ではクレジットカードの恩恵はポイントやマイルなどワンクッション置いたものに払われるようですが、ここアメリカでは違います。

クレジットヒストリーを築きクレジットスコアを高い位置で維持することで低い金利でお金を借りる事ができます。

 

クレジットヒストリーとクレジットスコアはまた別の記事で詳しく説明します。

 

  • 運転免許証が届かない。

これは留学生あるあるネタになりつつあります。

僕がアメリカに来た頃は学生だろうと運転免許証は5年(ビザの期限と同じ)更新だったのですが2017年現在ではだいぶ状況が変わりました。

現在では学生はI-20の期間分しか運転免許証が発行されません。

 

しかも留学生は一筋縄では運転免許証自体手に入りません。

一度申請した後にサクラメントにあるDMVのオフィスに自分で電話をして身元を確認しなければなりません。

なので申請しただけではいくら待ってても運転免許証が届く事はないのです。

 

友人の例ですが2015年の11月に運転免許証を盗まれ、再申請。

待てども待てども一向に届くことはなく結局届いたのは2016年の12月。

そして次回の免許証の更新が2017年の6月でした。

手元に届くだけありがたいですがソーシャルセキュリティーナンバーを持っていないだけで何回もDMVに足を運ぶのは骨が折れます。

 

ちなみにソーシャルセキュリティーナンバーさえ持っていればDMVのWebサイトでワンクリックで更新できるので持っている人と持っていない人の差はクジラとグッピーぐらいあります。

 

ソーシャルセキュリテイーナンバーを取得する方法

学生ビザでのソーシャルセキュリティーナンバーの取得は通常不可能とされています。

ひと昔前までは申請すれば誰でも取得ができたらしいのですが今では規制が厳しくなりソーシャルセキュリテイーナンバーを申請できるのは就労できるビザを所有している人に限られました。

 

しかし学生ビザでもソーシャルセキュリティーナンバーを取得する道はあります。

取得する方法は大きく分けて3つ。

  1. キャンパス内でのアルバイト
  2. OPT(Optiional Practical Training)
  3. CPT(Curricular Practical Training

 

キャンパス内でのアルバイト

これはカレッジや語学学校内でアルバイトをする時に学校側からワークパーミット(労働許可書)を出してもらうやり方です。

キャンパス内のアルバイトの内容は主に

  • カフェテリア
  • ブックストア
  • アドミニストレーションオフィス

など種類は少ないですが働けるところは一つではありません。

キャンパス内でアルバイトしたいのであれば、成績が優秀である事や学校側と親密な関係である必要があります。

 

OPT

Optional Practical Training通称OPTはカレッジや専門学校を卒業した後に自分が学んだ科目に関連した企業様で12ヶ月間だけ"職業研修"を行うものです。

OPT先である企業様にワークパーミットを出していただきソーシャルセキュリティーナンバーを取得します。

 

例えばカレッジでアートを専攻していたのであればOPT先はアートに関連した職業でないといけません。

なのでアメリカに住むという志があるのであればビジネスなど就職先の"受け皿が広い"科目を専攻していた方がOPT先を探すときに楽です。

 

CPT

Curricular Practical Training通称CPTはカレッジや専門学校をある一定の期間通うことによってオフキャンパス(学校外)で職業研修を行うものです。

 

OPTと同じでCPTは自分が専攻している科目に関連する職業でなくてはいけません。

OPTと違ってCPTはあまり知られている方法ではないですがCPTを先に取得し、

卒業したらOPTに切り替えるということをすれば合法的に働ける期間が長くなります。

 

OPTと違って学校に在学している段階で合法的に働くことができ、なおかつソーシャルセキュリティーナンバーも取得できるのでCPTは必ず利用しましょう。

 

まとめ

アメリカの国民からしたらソーシャルセキュリティーナンバーは持っていて当然のものですが留学生には表と裏の顔があります。

表とは働く時などソーシャルセキュリティーナンバーが必要な時であり、

裏とはローンを組む時などソーシャルセキュリティーナンバーを利用する時です。

 

アメリカの資本主義のシステムを利用するためにはソーシャルナンバーの取得が

絶対不可欠です。

 

OPTを通して申請するソーシャルセキュリティーナンバーは12ヶ月間有効ですがこれはソーシャルセキュリティーナンバーを使って合法に働けるのが12ヶ月間であり、ソーシャルセキュリティーナンバーが使えなくなるわけではありません。

 

つまり一度とってさえしまえば恩恵を受け続ける事ができるという事です。

留学したばかりでは必要性にあまりピンときてないと思いますが一早くソーシャルセキュリティーナンバーを取得することを強くおすすめします。

 

以上 、留学生がソーシャルセキュリティーナンバーを取得する方法でした!

 

 

 

海外経験なしでも異文化コミュニケーションをとる方法

言語 人生 学び 海外生活
あなたの夢を夢で終わらせない為のスキルが異文化コミュニケーションです!
 
あなたは海外で現地の人と交流したくないですか?
 
海外旅行先のレストランですんなり注文できたり、
夜にふらっと寄ったバーなどで地元民と笑いあったり、
もしくはお酒が入って綺麗な金髪のお姉さんといい感じになったり・・・
なーんて事も異文化コミュニケーションの能力さえあれば実現させられます!
 
でもはじめて異文化コミュニケーションを学ぶとすれば何から学びますか?
 

異文化コミュニケーションとは

異文化コミュニケーションとは異文化(宗教や生活環境)を理解し、
理解した異文化を共通点として使ってできるだけ相手と同じ目線でコミュニケーションをとるというものです。
 
これは行き先の国で必要な最低限のマナーを覚える事と解釈してください。
肌の露出をしてはいけない、豚や牛肉が食べられないなど生活していく上でのマナーは文化によってそれぞれ違うからです。
 
異文化の方とコミュニケーションをとる時はまず失礼の内容にしなくてはいけません。
異文化とは『当たり前』が異なる文化の事なので何かやってしまった後に
「そんな事知りませんでした」では通りません。
だからもし海外に出る時は行き先の国のマナーは最低限学習しておくべきです。
 
しかしながら個人的には学び過ぎも良くないと思っています。
理由は単純に決めつけて人を判断してしまうからです。
自分が事前に学んだ事を元にコミュニケーションをとる事で相手に深入りしてしまう可能性があります。
度が過ぎた異文化の学習は相手にとって知ったかでしかありません。
 
それと同時に文化というのは知識として頭に入れるより身体で体感するもの。
知識として学んでへぇ〜となるよりも今まで体験した事のない事が目の前に起こったほうが後になっていい思い出になるし、異文化を味わった感が得られます。
だから僕個人としてはあまり下調べせずにイキナリ異文化に飛び込んでしまった方が色々とサプライズになって楽しいんですよね。
 

趣味を言語にコミュニケーションをとる

同じ趣味を持ってる方がコミュニケーションは取りやすいです。

例えばテレビゲーム好きなアメリカ人がいたとします。
彼は日中いつでもポケモンをやるぐらいゲームに夢中です。
そんな彼に
 
「何のゲームしてるの?」

「そのポケモンよく捕まえたね!」 


と話しかけたとしたらどうでしょうか。

日頃の努力を評価してくれる人が突然目の前に現れた彼は嬉しくて話が止まらないですよね?

熱が入った彼のトークもポケモンという共通言語があるため何を言いたいのかは手に取るようにわかります。

 

もう一つの例です。

僕の友達の一人のケイゴの話です。

ケイゴは留学する一年前にアメリカのボートレースの大会にエンジニアとして出場していました。

 

ケイゴは休憩中レース会場に一人で観戦しに来ていたメキシコ人に話しかけたそうです。 
初めは何だコイツ?というようなそぶりをされたそうですがボートからエンジンスポーツの話になり、最終的には車やバイクの話で意気投合したその日にそのメキシコ人の家に泊まりに行く事になりました。

 
一年後ケイゴはアメリカ留学を決意し、アメリカに渡るのですがレース会場で知り合ったそのメキシコ人の家にしばらくホームステイする事になりました。

今では二人は一緒にビジネスができるぐらい仲良しです。 


これはバイクという共通言語が二人の間に合ったからこそできた事です。

僕はケイゴより映画が話せる自信はありますがバイクの事を話せる自信はありません。 
これはビジネスシーンでも関わってくる事です。

 

相手がアウトドア好きならキャンプの話をすれば言語の使い方の上手さなどは一切関係なく相手と上手くコミュニケーションがとれる=会話が弾みます。

趣味が言語同様コミュニケーションをとる手段になるのです。 

 

 中学生レベルの英語を使い回す

 

英語では頻繁に会話に出てくる簡単な英単語が存在します。

それらを使い回せればある程度の会話が可能です。

なぜなら使い回す=使う頻度が高いからです。

 

例えば『make』

make=作る と中学校では習ったと思いますがmakeは『make + 〜』でいろんな意味になります。

  • make sense=意味が通じる
  • make it=成功する
  • make sure=確認する
  • make up=埋め合わせをする
  • make a wish =願う

などmakeは使い回しがとても効く単語の一つです。

 

正直会話なしでコミュニケーションがとれるのであれば言語など必要ありません。

しかし我々人間は非言語的コミュニケーションだけでは限界があります。

それにジェスチャーだけで意思疎通ができたとしてもやはり会話するというコミュニケーション方法に憧れますよね。

 

そのためにも使い回せる英単語を軸に英会話を練習する必要があります。

会話のリズムにさえ反応できるようになればあとは覚えた単語を会話に入れていくだけなので助走さえついてしまえば後は雪だるまのようにどんどん吸収できるようになります。

 

まとめ

異文化コミュニケーションが必要になる例として留学や駐在、海外旅行などがありますが誰もが一夕一朝で異文化の人とコミュニケーションをとれるわけではありません。

しかし異文化コミュニケーションスキルほど海外で役立つものはありません。

コミュニケーションをとるスキルさえあれば周りの人に聞いたり助けを求めたりすることがことができるからです。

 

まずは簡単な英単語を復習し、使い回せる機会を自分で設けましょう。

そうすれば異文化だとしても趣味の合う仲間や恋人がきっと見つかるはずです。

お酒が好きなら近くのバーに行けばいいし、釣りが好きなら釣竿を持って海に行けばいいのです。

 

ちなみに僕がいつも仲良くさせてもらっている友達はみんな旅好きで意気投合し、

集まる度に「次どこ行く?」という話になります。

異文化の中で同じ趣味を持った人達と出会えた事に本当に感謝。

 

あなたにも海外で素敵な出会いがありますように。

 

以上、海外経験なしでも異文化コミュニケーションをとる方法でした!

 

失敗から学ぶアメリカの学校をターミネイトされた時の対処法

留学生活 留学 裏情報

アメリカに来る留学生で学校に行かずバイトや遊びで精一杯の人がいます。

僕もその一人でした。

 

僕は2年程不法滞在をしてしまった経歴があるのですがもし過去の自分に会えるなら

絶対に止めています。

確かに学校はめんどくさいです。

 

「高い授業料払ってるのにもったいないと思わないの?」

 

と言う人もいますがそう言う事じゃなかったんですね。

当時の僕はハッキリ言って迷っていました。

将来やりたい事も見つからないし日々のバイト代のほとんどが授業料に消えていく。

ロサンゼルスは好きだし日本に帰る気もない。

いっその事安い語学学校にでも逃げるかなー

 

そんな時に僕は通っていたコミュニティカレッジをターミネイトされました。

 

 

学校をターミネイトされるとどうなるのか?

ターミネイトされるというのは学校をクビになるという事であり、所属していた学校のI-20を無効にされるという事です。

 

もちろんですが通っていた学校には通えなくなります。

ターミネイトの宣告を受けてから15日の執行猶予期間が与えられ、15日以内に出国しない場合には不法滞在(俗にいうアウトオブステータス)になります。

 

この15日間の間で不法滞在を避ける事が出来る方法は以下の二つ。

 

  1. 日本に帰国してアメリカの領事館に行き、F-1 VISAの再発行をしてターミネイトされた学校に戻ってフル単位(12単位)以上を取得し私はやる気ありますよーという姿勢を見せる。
  2. 国内で新たにI-20を発行してくれる学校を見つけ出し、新たに発行されたI-20を持ってアメリカ国外に出国→I-94を持って入国する。

 

この二つの方法の中に矛盾している点が一つあります。

領事館に行ってVISAを再申請するという事です。

 

勘違いしている人が多いのですが学校をターミネイトされたからと言ってVISAは取り消しにはなりません。

F-1 VISAの場合のアウトオブステータスとはI-20が無効の状態なので記録としては残りますがVISAは剥奪されません。

 

しかしながらターミネイトした学校側にとって生徒は大事な収入源なので自分の学校に戻ってきて欲しいわけです。

そこ学校側は一度帰国させてVISAを再申請する方法以外生徒に教えてくれません。

せこいですよね。笑

 

アウトオブステータスになったらどうなるのか

いわゆる『モグリ』というジャンルの人達になります。

今でさえアウトオフステータス専用の免許証を取得する事ができますが、

ひと昔前まで不法滞在者は免許の更新もできませんでした。

 

不法滞在者というとしっかり犯罪者なイメージですがアメリカにはアウトオブステータスの人達が2014年時点で1100万人います。

これはアメリカ全体の人口全体の約4%になります。

 

安心したらダメですよ。笑

出来るだけ94%に入っておきましょう。

 

正直アウトオブステータスになった瞬間はそれからくる痛みに鈍感です。

アウトオブステータスになって一番の痛手はVISAの切り替えやグリーンカードの申請ができなくなる事にあります。

 

不法滞在までしてアメリカに居続けるという事はその先ずっとアメリカに住む気でいるって事ですよね?

なのにも関わらずアウトオブステータスになってしまうと折角後で周ってきたチャンスを棒に振る事になります。

 

大事なのはその時点でのプラスマイナスではなく今後自分がどうして行きたいかです。

もしアメリカに住みたいという意思があるのであればアウトオブステータスは絶対に避けて下さい。

それが原因で必ず後悔する事になります。

 

調子にのって不法滞在の道を選んでしまったのですが…

ようこそタコヤキランドへ。笑

そんなだらしないあなたはもう手遅れです。

…と決めつける前に一つだけチェックしなければいけない事があります。

『VISAの有効期限』です。

 

I-20を切らして不法滞在で数年経過してるとしてもVISAさえ切らしていなければまだ助かる可能性があるんです。

実際に僕もそうでした。

 

やり方はターミネイトされてすぐの時と同じでまずI-20を新しく発行してくれる学校を見つけます。

そしてその学校で新しく発行してもらったI-20を手に国外(僕の場合はメキシコでした )に出ます。

そしてI-94をゲットし(ここ重要です)その二つの書類を持って入国し直します。

 

僕がメキシコを選んだ理由は二つ。

  1. 近いから
  2. アメリカを出国したスタンプがもらえないのでいつアメリカを出たのか足がつかないから

 

注目すべきはこの2です。

カリフォルニアからメキシコに出た事がある方はご存知だと思いますがアメリカからメキシコに出るときは遊園地の入り口のクルクルして入るヤツです。

 

え、まじで?笑

となりましたがアメリカは入国には凄く厳しいのですが出国はとても寛容です。

なのでいくら過去に悪い事してようと出て行く分にはお咎めなしです。

 

ちなみに僕は2年以上の不法滞在歴があったのでハラハラドキドキで膝も笑いっぱなし

でしたが何とか入ってこれました。

 

今の時代VISAもあって学校にもちゃんと通っているのにも関わらず入国拒否を受ける人もいるぐらいなので僕は自分でも本当にラッキーだったなと思います。

 

しかし僕が出来たんだから他の人でも出来るんじゃないかというのが本音です。

大事なのはI-20を発行してくれる、不法滞在経験者を学校に通わせるリスクを払ってくれる学校側の人間の見極めだと思います。

僕はコリアン系の学校だったのですが友達の最初行った時に100%大丈夫と言われて疑いまくり、コリアンの友達を連れて韓国語で話し合ってる所も観察しました。

 

その時僕と話している態度と明らかに違えば僕はメキシコに出るというギャンブルはしていなかったと思います。

しかしながら僕の友達も「あれが演技ならかなりのやり手だ」というぐらいその人が自然体だったらしく僕は友達を通してその人を信用して人生賭けてみる事にしました。

成功して良かったー

 

まとめ

  • 真面目が一番。不法滞在は絶対に避けましょう。
  • もしターミネイトされてしまったら逃げ先の語学学校を探しましょう。
  • 不法滞在だからと諦める前に必ずVISAの機嫌をチェック!

 

今回はアメリカ国内にいる留学生に向けて書いた記事だったんですがもし僕と同じ境遇の方がいれば相談に乗ります。

学校が見つからないのであれば僕がギャンブルに成功した学校に駆け寄って話を聞いてみます。

 

大事なのは一人で悩まない事、そして簡単に諦めない事です。

せっかく日本出たんだし一回の失敗で海外生活終わらせたくないですよね。

 

以上、アメリカの学校をターミネイトされた時の対処法でした!