英語で人生を豊かに

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はダイヤか石ころか

裏留学街道101

【損したくない!】ドルと日本円を両替する場所を羅列してみる

生活 海外生活 留学生活

「手数料取りすぎじゃね?」

 

日本円をドルに両替する時って損した気分になりませんか?

もちろんその時のレートにもよるんですがなんて言ったって手数料がやけに高い!

現金を現金に替えるだけでお金を儲けてるなんていい商売してますよね。笑

 

個人的な事もあり、日本円をドルに両替する時にどこでどうやったらより多くの現金を手元に残せるのかを調べてみたので近々海外旅行や留学に行く方は参考にして下さい。

 

どこで

まず日本国内のどこで日本円をドルに両替できるのかですがメジャーなのは以下の5つ

  1. 銀行
  2. 郵便局
  3. 空港
  4. オンライン
  5. アメリカの銀行

になります。

ちなみに銀行や郵便局ならどこでも替えられるというわけではないらしいので下調べが

必要になります。

空港に関しては国際便が出てる空港ならば円をドルに交換できます。

 

どうやって

1、銀行

銀行で円をドルに両替する場合、両替後に現金で受け取るのか預金するのかに分かれると思いますがこの記事を読んでる方は現金を受け取る方だと想定して話を進めます。

メジャーな銀行、東京三菱UFJを例にとってみてみましょう。

f:id:takoyakizm:20170228041739p:plain

こちらが2/27/2017現在の東京三菱UFJでの外貨交換レートになります。

東京三菱UFJでは円をドルに両替する場合114.98円でした。

ちなみに現在1ドルが112.71円なので手数料は114.98-112.71=2.27円

1ドルにつき2.7円の手数料がかかる計算です。

 

1000ドル(ざっくり10万相当)を交換するとなると為替手数料は2270円。

パーセンテージで表すと2.27%となります。

 

銀行で円をドルに両替する場合のメリットは簡易性。

調べた結果今では専用ATMでドルを"買う"事ができるみたいです。

 

ちなみにこちらは為替手数料のみで別途で"銀行手数料"がかかります。

 

こちらの記事を参考にさせて頂きました:

三菱東京UFJ銀行で外貨両替してみた!専用ATM体験【手数料は?】

 

便利な時代になりましたね。

 

2、郵便局

郵便局(ゆうちょ)では1ドルあたり約3円の手数料がかかるそうです。

パーセンテージでいうと3%なので銀行よりは少し割高の手数料になります。

 

郵便局で外貨を両替するメリットは利便性。

 

東京三菱UFJなどの都市銀行は円とドルの両替できる支店が限られているのに対し、

ゆうちょは全店で円とドルの両替を行なっています。

 

こちらの記事を参考にさせて頂きました:

ゆうちょ銀行(郵便局)でドル両替、両替のレートは?手数料は? | ドル両替.jp

 

3、空港

国際線も多く飛んでいるメジャーな空港の成田空港を例にとってみてみましょう。

円とドルの両替レートは2/27/2017現在以下の通り。

f:id:takoyakizm:20170228045149p:plain

 

両替レートは1ドルにつき114.64円なので手数料は114.64-112.71=1.93円

成田空港でのドルの両替は東京三菱UFJより安いです。

個人的には空港が一番高い手数料を取るのではないかと思っていたんですが、

このレートならしっかり旅支度をして銀行で両替するよりどうせ行かなくてはならない空港で事を済ませた方が良さそうですね。

 

両替したドルをアメリカで使うつもりなのであれば空港で両替するのが一番利便性が

高い事が判明しました。

 

 

4、オンライン

オンラインで円をドルに両替する場合はアカウントの登録が必要になります。

場合によっては海外の口座が必要です。

 

オンラインでの両替の最大のメリットはなんといっても手数料の安さ。

これは人件費が大幅に削減できるベンチャーならではの仕組みですね。

中でも最近話題沸騰中なのがTransferwiseというサービス。

これは両替というより送金サービスなんですが手数料が1%弱とめちゃくちゃ安いです。

 

仕組みは以下の通り、

まず日本に住んでいるあなたが10万円相当のドルをアメリカの口座に送金したいとします。

そこでアメリカの口座に直接送金するのではなく一旦Transferwiseを経由させます。

Transferwiseは10万円相当のドルを日本の口座に円で送金したい人を見つけ、

Transferwiseから双方の口座に指定した10万円相当の通貨が送金されます。

 

これはお互いがTranseferwiseに"国内送金"する形になるので海外送金に関する為替手数料が回避できます。

こちらがTransferwise公式の動画

www.youtube.com

 

現在最大100万円相当まで送金可能なのでこれは留学生のお子様を持つ親御様なら

耳寄りの情報なのではないでしょうか。

僕が留学した当初も親からの仕送りにだいぶ助けられましたがそれと同時に銀行やゆうちょに肥やしを得られたのは間違いありません。

 

言い方は悪いですが自分の親が汗水流して働いて稼いでくれたお金を第三者に搾取される事にいつも疑問を抱いておりました。

僕が留学した当初もこういうサービスがあったらよかったなと素直に思います。

 

ちなみに対応しているのは円とドルだけではなくユーロやポンド、元やシンガポールドルなどアジアの通貨も網羅しておりますので国際ビジネスを展開されている方や僕の夢見るPTなどを実施されている方には本当におすすめです。

 

5、アメリカの銀行

アメリカの銀行での両替方法は二通りで窓口と引き出しです。

窓口は日本の銀行の窓口と同じで両替してくれと頼めばその銀行のレートで交換してくれます。

 

引き出しの場合は先に口座を作っておく必要があります。メジャーな銀行はCiti Bank。Citi Bankは世界中で預金、引き出しが可能な銀行です。

日本で円を預けてアメリカでドルの引き出しができるという海外への行き来を頻繁に行われる方にとってはとても便利な銀行です。

もちろん手数料は取られますが多くの留学生が利用しております。

 

もう一つメジャーなのがUnion Bank

こちらは東京三菱UFJと提携しているので送金の手数料が良心的。

そして何より現金を持ち歩くのではなく必要な時に必要な分だけ引き出せるので

大金を持って歩くという危険を避けられます。

 

その他

個人的なオススメはクレジットカードです。

まず第一に外国の通貨を持っていたところで通貨になれるまでに時間がかかります。

そして旅行者の大半は使い切れなかった小さいお金をお土産として持って帰る事になります。

別に構わないんですがお金はお金なので飾っておくより使えた方がいいというのが僕の意見です。

 

そして物理的にかさばらないのが旅行者にとってはとてもいいのではないでしょうか。

現地のレジでもたつくのも少し恥ずかしいしそこはさっとカードを出した方が物事がスムーズに運びます。

それに日本のカードはポイント制などがあり他の買い物に還元できるので実質的に現金を使うよりもはるかにお得なのではないでしょうか。

 

そして最近のアメリカの傾向として現金は使いません。

給料は銀行に直接振り込まれそれをデビットカードで使う、もしくはクレジットカードを使いうまく運用するという流れです。

 

クレジットカードについてはまた別の記事で詳しく説明しますがアメリカにはクレジットスコアというものが存在します。

このクレジットスコアが高ければ高いほど経済的な信用度が上がるため、大きな買い物をした時にクレジットスコアが低い人達より安く買う事ができます。

 

ひと昔前までこのクレジットスコアを上げる知識は富裕層のみがもっている物だったのですが、インターネットが普及し若い層でもクレジットスコアをどう上げるかの知識を入れる事が可能になったため皆こぞってクレジットカードを使います。

 

まとめ

  • 人件費がかかるところで両替した場合はそれなりの手数料がかかる
  • 手数料の安いTransferwiseは留学生にはもってこいのサービス
  • 現金を使うよりクレジットカードを使う方が安全で便利

 

以上、【損したくない!】ドルと日本円を両替する場所を羅列してみるでした!

日本人から世界人へ

人生 海外生活 留学 社会

 

f:id:takoyakizm:20170218192123p:plain

東洋経済にこんな記事が書かれていました。

 

toyokeizai.net

 

要約すると「留学経験は必ずしも日本の社会で有利に立てる要因ではない」という事。

正直僕は日本での社会経験がないので留学が日本の社会でどれだけ優遇されるかは

わかりかねますし興味を持った事もないです。

 

ただ僕が個人的に思うのは、

「そもそも日本の社会で優遇対応されたい人がなぜ留学する必要があるのか?」

という事です。

 

僕もその中の一人だったんですが、

日本人留学生は何故か日本に帰る事を前提として留学している人が大多数でした。

 

自分の国なんだから当たり前じゃん!

と思われるかもしれませんが僕が知る限り帰るつもりで渡米してくるのは日本人だけ。他の国、例えば中国、フィリピン、韓国などの同じアジア圏内の人でも彼らは渡米したからには『命懸けで移住する』気でいます。

 

VISAなしで入国し、国に入ってから何とかするという方達も大勢います。

むしろ移民だったらそっちの方が多いんじゃないかと思わせるぐらいです。

 

これは日本とアメリカの生活水準や自国の貨幣の価値がほぼ同じレベル、もしくは

日本の方が水準がやや上にある事が起因します。

 

例えば日本でコカコーラのペットボトル500mlを買おうとすれば150円が相場だと思います。

同じサイズのコカコーラをアメリカで買うと$1.69が相場。

物の対価が大体同じですよね。

 

ところがアメリカより生活水準や貨幣の価値が低い国から訪れた人達はというと

アルバイトして稼いだ月収が自国の10倍だったりします。

だから一度アメリカに来ると自国に帰るようなことはしないし、滞在し続ける事に凄くハングリーです。

 

僕の知り合いに不法入国したグアテマラ出身のクリスという歳下の男の子がいます。

当時彼まだ18歳のクリスは渡米後バイトを三つ掛け持ちし週7日働いていました。

三年後、彼は貯金が2万ドルに達し、自国の家族に家をプレゼントしたそうです。

彼がグアテマラを出た時彼の家にはエアコンはおろか、テレビもなかったそうです。

そういう国で暮らしている人達が地球上にはまだまだたくさんあるのです。

 

僕はギリギリ昭和産まれですが、記憶する限り生活に困った事はありません。

冷蔵庫を開ければいつでも冷たい飲み物が飲めるし、お腹が減れば適当にレンジで

チンして食べられていました。

そうでない人もいると思いますが僕のブログを読んでくれているという事は最低限の生活は保証されているのではないでしょうか。

 

「現代では物が溢れかえっている」

 

というような事をよく耳にしますがこれは本当に正しいでしょうか?

貧しい国の人達からしたら"偏っている"だけなんじゃないでしょうか?

 

日本を出てわかった事

僕は日本人として産まれてきた事を本当に幸運に感じます。

日本人というだけで世界人へ近づけるからです。

 

先ほども述べましたが日本は世界でもトップレベルの裕福な国です。

これは日本人にとって『留学』は生活水準の低い国に比べ経済的なハードルが

とてつもなく低いという事を意味します。

これが『海外旅行』となるとよりハードルが下がります。

 

そして何より日本のパスポートの持つ国としての信頼性の高さ。

これは日本に生まれた人"全員"に与えられる世界的に優遇された特権です。

日本のパスポートを使ってビザなしで訪れられる国、その数なんと173カ国!

地球上には195カ国あるので地球上の約89%の国にビザなしで行けるという計算です!ちなみにフィリピンではビザなしで訪問できる国が25カ国しかないらしいので日本のパスポートはフィリピンの7倍の価値がある事になります。

 

余談ですが僕の親友にフィリピン人がいるのですが彼はついこの間アメリカ国籍を取得

しました。

理由は日本に行きたかったかららしいです。

日本は先ほど言った25カ国の中に含まれていないため彼は旅行だろうと日本の地を踏むのにビザがいるそうです。

 

ちなみに日本人は入国が厳しいアメリカでさえ3ヶ月はビザなしで滞在できます。

日本人は何処の国でもウェルカムモードなんです。

世界レベルで羨まれるパスポートを持ちながら海外に出ないなんてもったいなさすぎます!

しかもここまでインフラの整った時代が未だかつてあったでしょうか?

そう、世はまさに大航海時代なのです!

 

『留学を失敗する人』について

「留学は有限であるのにも関わらず勘違いして留学するヤツは失敗する」と上の記事で

書かれておりましたが丁重に鼻で笑わさせて頂きました。

だって人生自体有限じゃないですか。人はいつか死ぬんですよ。

それだったら失敗したって挑戦した方がいいじゃないですか。

失敗は挑戦の先にしかないんです。

結果が大事という人もいますが、挑戦の結果失敗したとなってもその結果また挑戦すればいいじゃないですか。

 

僕の経験から言っても留学を失敗で終わらせて帰る人は確かにいます。

でもこれは読んで字の如く『失敗したまま帰る』からそのレッテルを貼られるのです。

帰らなければいいのに。

 

成功するまで挑戦する。

この志を貫き通す。

日本の企業はこのファイティングスピリッツを求めているんじゃないでしょうか。

 

我々の先祖には神風特攻隊という方達がおられました。

彼らは自分の命を捨てでも成し遂げたい事がありました。

そんなご先祖様達がいながら留学いって土産なしで帰国しましたじゃ失敗と罵られても仕方ないです。

 

上の記事の最後に「留学はプラスαとして考える」と書かれていました。

これについては大賛成です。

 

日本人にとって留学自体は誰でも出来るハードルの低い物になってしまいました。

なのでそれプラス何かの経験を積まなければ留学に価値があったとはみなされません。僕は留学してしばらく経ってからこの事に気づきました。

 

大事なのは行動する事ではなく行動を止めない事。

前に進み続ける事。

 

なんでもいいからとりあえず挑戦して経験してそれが1センチでもいいから前に進んで

さえすればその先に何か見えてきます。

それを1メートル、1キロとコツコツ距離を伸ばして行けばいいんです。

スタート地点からは見えなかった景色がその先にある。

そう信じて進む。

 

bossも言ってた。僕たちは若い、先は長い、深い、言葉にならないくらい。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

以上、日本人から世界人へでした。

 

関連記事:

留学歴10年以上の僕が留学をオススメする最大の理由とそのメリット - 英語で人生を豊かに

スマホで簡単に英語を多読勉強する方法

勉強法 生活 留学

 

f:id:takoyakizm:20170216180654j:plain

 

こんにちは!タコヤキです!

 

突然ですがあなたは英語を学習する為に英語の本を読みますか?

あなたが留学を考えているならば尚更です。

 

英語の本を読むスキル、即ちリーディングスキルがなければ学校の授業についていく事は皆無だし宿題で出される「教科書読んで来てね」っていうものも授業によっては100ページなんてザラだと思っていて下さい。

 

100ページなんて日本語でも読めねーよ!

と思うかもしれませんがこの予習を含めた宿題をやらないことには授業にさえついていけません。

そうなるとめちゃくちゃ悪循環です。

 

学校の授業で何を言ってるのかわからない

宿題を大量に出されるが何が書いてあるのかもわからない

結局宿題をやらずに学校に行くが宿題をやってきた程で話が進む

初めに戻る

 

こうなると留学先の学校の授業がストレスでたまらなくなり授業をサボり始めます。

その結果、学校をクビになって僕のように不法滞在するか日本に帰るハメに。

 

あなたは憧れだった海外生活を『授業についていけない』というだけで

キッパリ諦められますか?

 

リーディングは留学にとって肝

あなたはイキナリ海外に出てどれだけ授業を聞き取れる自信がありますか?

大抵の日本人留学生は英語を聞き取ったり英語を話すというスキルをほぼ

習っていない、もしくはそれらの学習に時間を割いていないまま留学します。

これは『授業は聞き取れないもの』という前提で留学するという事です。

 

日本の英語教育というものはリーディングと文法のみと言っても過言ではありません。しかしながら日本での授業内容は生徒が英語の教科書や本を英語で読み上げ和訳したものを暗記するというもの。

正直ストーリー展開さえわかれば期末試験などのテストはそんなに苦ではないはず。

 

これが留学となると和訳してくれる人がいません。

そもそも和訳してる時間なんてないです。

英語の文章を英語でキャッチできるようになっていない限り留学先の学校で授業についていくのはとても困難になります。

 

じゃあ日本人留学生はどうやって授業についていくのでしょうか?

 

その答えは一つ、

他の誰よりも教科書をヒタスラ読み潰し、予習。

そして教科書の内容をしっかりと頭に入れた状態で授業に参加するんです。

 

予習さえしていれば先生が何を話しているかの予測が立てれられ、授業にしっかりついていくことが可能になります。

 

これが日本人留学生が留学生活を軌道に乗せる唯一の方法。

英語の多読は留学生なら誰もが通る道なのです。

 

速攻で英語を上達させる具体的な方法はコチラ

最短・最速!?【裏】英語を上達させる方法! - 英語で人生を豊かに

 

英語の多読学習が簡単且つ可能になった時代

今あなたが留学を考えているとすれば本当にラッキーな時代に生まれたと実感して下さい。

ひと昔前までは英語の本など見つける事さえ難しかったんです。

僕なんかは好きな洋楽の歌詞を読んでました。笑

 

それが今やクリック一つ。

携帯でいつでも読めてしまう時代なんですから。

こんなに英語の多読学習が簡単且つ可能な時代は未だかつてありえません!

今読まずしていつ読むというのだ!

KIndleでの英語学習はスキマ時間を活用できるので本当におすすめです!

 

ちなみに本を読む時間なんてないという方のための関連記事はコチラ

留学歴10年以上の僕が海外生活を続ける理由 - 英語で人生を豊かに

 

 

Kindle Unlimitedというパンドラの箱

でもイキナリ英語の本を読めだなんてちょっと無茶振り。。。

という声が聞こえてきそうですが英語初心者のあなたが読むジャンルはたった一つで大丈夫です!

 

英語の本で僕がおすすめするのはズバリ子供が読む絵本です!

子供の頃親に何度も読んでくれと頼んだアレです!

この英語の絵本を多読して英語を読む事に慣れてしまえばいいんです!

 

でも英語の絵本てすぐ読み終わるのにも関わらず値段が結構高いんですよねー

慣れてくれば5分以内で読み終えてしまうので古本とかで安く仕入れない限り

ちょっと損した気分になります。笑

 

しかも絵本は場所もかさばるし通勤電車でのスキマ時間にサクっと

なんてのはちょっと恥ずかしいですよね笑

もし僕が街で桃太郎を読んでいる成人の白人男性を見つけたらツッコまずには

入られません(^^;)

 

でもご安心!解決策があります!

  

あなたはkindle unlimitedというものをご存知ですか?

これは某有名オンラインショッピングサイトアマゾンにある電子書籍を月額たったの980円で読み放題できるという超お得なプランです!

このKindle Unlimitedに入会すればKindleが英語の本多読アプリに早代わり!

 

しかしながらこのKindle Unlimited、日本のアマゾンで"絵本"と検索した結果

Kindle Unlimitedに適応している絵本は37件しかヒットしませんでした。

これじゃあ一ヶ月で終わってしまいます。笑

 

とういう事でKindle Unlimitedはamazon.comで入会しましょう!

Kindle Unlimited Sign Up

 

アマゾンに問い合わせた所日米でのアカウント兼用はできないらしいので

アメリカのアマゾンでKindle Unlimitedに入会した場合、アメリカのアマゾンの

マーケットで売られている本しか読めません。

 

それでも月学約1000円はお得としか言いようがないです。だって本一冊1000円するんですから二冊で元が取れます。

 

海外のKindle Unlimitedを使う時の注意点

日米アカウントの兼用ができない為に、日本で既にアマゾンをご利用の方はもう一つ別のEメールアドレスが必要です。

 

またアマゾンは海外からのKindle bookのダウンロードができません。

現実的にはできるのですが購入する冊数が限られているとの事です。

 

しかしこれを回避する方法はあります。

僕もロサンゼルスにいながら日本の本をサクサク読んでおります。

海外KIndleの使い方も同時に記載しようと思ったのですが記事が長くなってしまう為

使い方についてはコチラ!

海外から日本の電子書籍が買えなかったのでAmazonの中の人に相談してみた - 僕はダイヤか石ころか

 

まとめ

多読をして英語の長文に慣れる事は留学生にとって登竜門です。

英語を独学で勉強する場合、英語の本を多読することが初心者には一番身近だしおすすめです。

 

英語の本を読む事は他の全てのスキルに繋がるので地道に量をこなして下さい。そして英語の本を英語で理解できた時に次の扉が開きます。

 

せっかくの留学生活をわからない事だらけで終わらせないように

今できる事はなるべく今全力でやりましょう。

 

以上、【スマホで簡単!】留学生が必ず得する多読英語リーディング勉強法でした!

 

関連記事:

続 脳トレで脳を英語脳に!【裏】英語を上達させる方法! - 英語で人生を豊かに