英語で人生を豊かに

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカで人気の音楽アプリ3選

No music No life
 

そんなあなたにとって今が最高の時代なんじゃないでしょうか。

音楽の電子化はiPodから始まり、今ではアプリを使って音楽を聴けるようになりました。

 

 
アメリカでも音楽アプリはめちゃくちゃ人気で利用者は年々増えています。
しかし音楽アプリと一言で言っても今は多数の会社が争っている状態です。
そこでアメリカの友達内で実際に流行っている音楽アプリを紹介したいと思います。
 

Spotify

Spotifyはスウェーデン発祥の音楽アプリでPremium Planは月々$9.99、無料版もありますが曲をピンポイントで検索できないのと広告が頻繁に入るのがネック。
ブラックとグリーンを基調にしたデザインでインターフェースがとても素敵です。
曲数は4000万曲以上となっており、洋楽が主。
日本のアーティストも最近はかなり充実してきてglobeを発見した時は歓喜でした。
 
見た目以外のSpotifyの特徴は曲と曲の間がスムーズにつながることです。
他のアプリでもそんなに気になる程曲の間は空きませんが、Spotifyは群を抜いてスムーズなので場の空気を壊さずに済みます。
 
そしてブラウジング機能がとても便利です。
中でも特質して僕が好んで使っているカテゴリーは『Mood』というカテゴリー。
例えばMoodカテゴリーの中にはMornig VibesやFeeling good、Break heartなど自分の今のムードに合わせてプレイリストを選択することができます。
 
プレイリスト機能は他の音楽アプリにもあるのですがユーザー数が多いSpotifyはプレイリスト数も比例して多いです。
 
実は音楽を聴く以外の機能もあり、最近ではビデオやコメディートークショーなど多ジャンルも充実してきました。
 
MacやiPadとの相性も良いのでカフェで作業してますというノマドライフ実践中の方はインターフェースがかっこいいSpotifyがオススメです。
 

Google Play Music

Google Play Musicは曲数はSpotifyとあまり変わりませんがグローバルな守備範囲をしています。
もちろん日本の曲もかなり収録されていて僕の周りの邦楽好きのアメリカ人の友達は皆こぞってGoggle Play Musicを使っています。
 
Google Play Musicは同じアカウントで最大5台まで使うことができますが同時に音楽を再生することはできません。
 
無料版もあるのですが有料版のGoogle Play Musicは月々$9.99となり、値段的にとてもお得です。
その理由はGoogle Play Musicに入会するとYoutube Red が付いてくるからです。
Youtube RedはYoutubeの有料プランで入会すると広告の非表示ができるのでYoutubeをテレビ代わりに見ているという方はとてつもなく捗ります。
 
更にYoutube Red会員はバックグラウンドで動画を再生できるので音楽を聴く目的でYoutubeを使っている方にはたまりません。

 Sound Cloud

Sound Cloudは完全無料のソーシャル音楽アプリです。
どういうこと?と思う方はインスタグラムを想像して下さい。
インスタグラムは写真をシェアするアプリですよね?
Sound Cloudは音楽をシェアするアプリなのです。
 
素人が作った音楽聞いてどうするの?
と思う方もいらっしゃるかもしれませんがSound Cloudを舐めてはいけません。
素人から玄人までユーザーは幅広く存在しています。
 
売れている人の曲は聞き飽きたという音楽マニアこそSound Cloudを使うべき理由は、いち早く誰も知らない曲を入手できるからです。
 Sound Cloudでは有名なDJなどの新譜(未完成=リリース前のレア音源)が聞けてしまうので、(音楽好きな方にしか伝わらないかもしれませんが)同じような音楽の趣味を持った友達に自分のオススメアーティストをドヤ顔で紹介する事ができます。
 
アコギでの引き語りやニコニコでいう歌ってみた系もたくさんあるのですがこの中から将来売れるであろうアーティストをディグる事だってもちろん可能です。
無名だった彼らが一夜にして超有名になるなんて事は今の時代ならあり得ます。
なのでSound Cloudでディグってさえいればそういうダイヤの原石系アーティストに出会える可能性があるわけです。
 
そしてSound Cloudが使えるアプリとしてもう一つ重大な理由があります。
アニソンが豊富な事です。
 
ついこの間アメリカ人の友達の車でロードトリップをしていた時の話で、
「この曲知ってる?」
と聞かれて流れ出したのが『さよならバイバイ』でした。
 
海外に飛び出して早10年、まさか異国の地で異国の友人から幽遊白書のエンディング曲を紹介されるとは思っていませんでした。
そんな感動的な再会も楽しめるのがSound Cloud、こちらは完全無料なので音楽好きな方は一度使ってみることをオススメします。
 

まとめ

アメリカで人気の音楽アプリには他にPandraやJay-Zが創設したTidalなどがありますがPandraは老舗音楽アプリだったのにも関わらず動作が少し重いせいか最近では全く使っている人を見なくなりました。

そしてTidalはアーティストが結集して作られたアプリで超高音質とネット上では話題ですが、無料プランがないせいかまだまだ拡散はしていないように思えます。

 

最近ではブルートゥースのヘッドフォンなども低価格で出てきたので音楽アプリと組み合わせて使えば一日中好きな音楽の中で生活できます。

週の半分をインドア作業に費やしてる僕としてはとても幸せです。

 

以上、アメリカで人気の音楽アプリ3選でした!

 

関連カテゴリー