英語で人生を豊かに

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はダイヤか石ころか

裏留学街道101

アメリカでのチップの相場と渡し方

「チップってなんだよめんどくさい・・・」

 

日本人がアメリカで文化の違いを感じる代表がチップです。

アメリカではレストランなどで食事をした時はチップを必ず渡さなければいけません

チップは日本にはない文化ですがここアメリカでは当たり前なのでめんどくさく感じたり余分にお金を取られていると感じたりします。

 

そんなチップは海外生活をする人や海外旅行をする日本人にとっては新しい体験。

チップを渡す事はもちろん強制ではないですが海外での場合マナーだと思って渡した方が最終的にはこちら側も徳をするのでチップを渡す事をためらわないようにしましょう。

 

 

チップいるの?いらないの?

まずアメリカでチップが必要な場面ですが、自分がサービスを受けた場面では全て渡さなければいけません。

レストラン、ホテル、タクシーなど"サービス業"とカテゴライズされている場所でサービスを受ける時はチップを渡す心構え、細かいキャッシュの準備をしておきましょう。

 

チップを渡す場面がわからない時に役立つのがクレジットカードでの支払いです。

支払いを全てクレジットカードにしてしまえばチップを渡す場面がハッキリします。

クレジットカードで支払った場合、レシートにはAmountとTipもしくはGradityという欄が分かれているからです。

例えばこちら

f:id:takoyakizm:20170405105330j:plain

 

 

請求額からチップを算出してそれを足したものがTotalになります。

 

ちなみに僕は計算が楽なので常に大体20%で計算します。

例えば$50の食事をしたとしたらチップは$10です。

 

チップの相場

 

チップには渡す場面によって相場があります。

渡される側からすればもちろん多ければ多いだけいいのですがチップ初心者の日本人はそもそもいくらからが多いのかさえわかりません。

 

こちらが一般的な相場の例になります。

 

レストラン: 15%-20%

レストランの場合15%-20%が相場とされています。

渡し方はテーブルチェックをもらった時の支払いと同じタイミングです。

 

  • キャッシュで支払う場合

チップを足した額をチェックに置きます。

「Do you need change?」と聞かれたらお釣りがいるか聞かれているので「No」と言ってお釣りはあなたのチップですよ、という事を教えてあげましょう。

 

もしチップに相当する細かいキャッシュを持っていない場合はお釣りが欲しい事を伝え、「(細かくしたい紙幣をサーバーに見せながら)Can you break this for me?」と聞けば細かくした紙幣とお釣りを一緒に持って来てくれます。

この場合支払いはすでに終えているのでチップだけをチェックに置きましょう。

 

  • カードの場合

カードの場合は上記したとおり合計金額から算出したチップの額をチップ欄に記入して下さい。

チップの計算に夢中になってサインを忘れないようにしましょう。

 

ホテル
ホテルでのチップの相場は職種によって少し異なります。
ベルマンには荷物1つにつき2ドル、ドアマンには1人につき1ドル50セントを渡すのが相場です。
忘れがちなのが清掃員へのチップです。
清掃員?と思うかもしれませんがこれは自分の部屋を片付けてくれる人の事です。
 
例えば同じホテルの部屋に2日泊まるとします。
清掃員はお客様がホテルから出られているタイミングを見計らって部屋の掃除、ベッドメイキングなどをしてくれます。
つまりお客様がいつ帰ってきても綺麗な状態(初めてその部屋に入った状態)にしておいてくれるのが清掃員です。
 
清掃員には1~5ドルが相場で金額は部屋のグレードで決めればいいでしょう。
直接渡すタイミングはないので部屋を出る時にベッドの上やサイドテーブルなどにキャッシュを置いておきます。
これは最終日(自分がその日帰ってこなくても)おいてください。
 
ホテルでのチップはカード分別方が使えません。
なのでホテルに泊まる事がわかっているのであればあらかじめ細かいキャッシュを用意しておく必要があります。
 
タクシー:15%-20%

大手タクシー会社の場合カードで支払う事が可能です。

キャッシュを使うのもいいと思いますが大きいキャッシュしか持っていない場合お釣りがないと言われる可能性もあるので僕はカードでの支払いを勧めます。

ちなみに会計は目的地に着いた時に行われます。

 

しかしながらUberの復旧で最近タクシーを使う事はなくなってきました。

Uberはチップどころか支払いも登録されているクレジットカードへ請求されるのでお金のやりとりが一切ありません。

 

バー:一杯につき$1

バーではドリンク一杯につきチップ$1が相場ですがキャッシュとカードの扱い方が違います。

  • キャッシュの場合

頼んだドリンクの合計金額を聞かれるのでそれに値する額を支払いドリンク一杯につき$1を渡します。

また渡したお金がドリンク代プラスチップの額に相当するのであれば「Keep the change」と言えばokです。

 

  • カードの場合

カードで支払う場合バーテンダーに「Open or Close?」と聞かれます。

これはタブをオープンさせたままにするのかそれともクローズするのか、つまり"今"会計するのか"後で"会計するのかという質問です。

 

例えばOpenの場合渡したカードはcloseと言うまで会計されず、自分がその後頼んだドリンクは全てそのカードにのっかります。

そして会計したい時にcloseといえばそれまでオーダーした分の会計が渡されます。

ここで注意したいのはカードで支払う場合一杯につ$1という相場ではなく、サービスチャージ、つまり15-20%を置くのが相場になります。

 

美容院:15-20%

美容院やネイルサロンなどの場合もサービス業なのでチップを渡します。

相場は15-20%で最後の会計の時に一緒に渡します。

 

いかがですか?

はっきり言ってめんどくさいですよね。

そんなややこしいチップ計算ですが実はアプリを使えば相場を覚える必要はないです。

僕がダウンロードしてみて使えるなと思ったアプリは以下の二つ。

 

  • Tip caluculator
Tip Calculator Free

Tip Calculator Free

  • iHandy Inc.
  • Utilities
  • Free

このアプリの便利な所は自分が受けたサービスを★で評価し、その★の数に基づいて%を計算してくれる点です。

例えばここのサーバーは親切で笑顔が素敵でちょっとタイプだから★★だ!

というふうに使います。

数字的評価でないぶん評価しやすいです。

  • Tip Check
Tip Check - Calculator, Bill Split, Guide, Tracker

Tip Check - Calculator, Bill Split, Guide, Tracker

  • ChuChu Train Productions
  • Finance
  • Free

このアプリのいい所は場面ごとのチップの相場を網羅している所です。

このアプリの指定している額に沿ってチップを渡せばチップが少なく煙たい顔をされる事はありません。 

 

チップを多めに渡す理由

アメリカではよく「money talks」と言われます。

日本語に訳すのであれば「お金が物を言う」です。

僕は海外初心者の方には常々チップは多く渡すことを勧めています。

日本人からしたら余分なお金にしか見えてないチップはアメリカ人にとっては習慣であり、アメリカ経済にとっては経済の潤滑剤と言えます。

 

アメリカではチップ制度をやめる方向に動いていますがタンス預金が趣味の日本人はチップ制度をいち早く取り入れ、よりお金を使う事を学ぶべきです。

お金を多く使えば使われた方の所得は増え、それといっしょに消費も増えます。

それがまた大きなお金となって自分に返ってきます。

 

そして最も重要なのが世界的に日本人としての民族性を上げる事です。

僕がアメリカで感じるのは日本人は道徳的に高い評価を受けているという事。

しかしこれがいざ経済的にとなると少し話は別、アジア人はけち臭いというイメージがあります。

 

このイメージを持った人がレストランであなたの担当だったと考えてみてください。

アジア人は頼みごとはしっかりするくせにチップはどうせ多くないだろうとタカをくくられていいサービスをしてくれません。

いくら道徳的にいい人を演じられる日本人でも悪いサービスをされればムっとなるのは当然ですよね。

 

この悪循環を好循環に変えることができるのがチップです。

日本人が世界一チップを払う民族だと認識されれば日本人はどこの国行っても優遇されるはずです。

ただ優越感に浸りたいから言ってるわけじゃなく余分にお金を使う習慣があれば世界はもう少し平和になると思ってるからです。

 

まとめ

チップを渡すのをためらった場合はチップをもらった時の事を考えましょう。

チップをもらえれば単純に嬉しいですよね?

つまり自分が得たものにお金を少し上乗せするだけで言葉も通じない相手に一時の幸せを与える事ができるんです。

これって凄くないですか?

 

与える事。

与える事によって貰えるもの。

これに気づけたことに僕は感謝しています。

小さい幸せを広範囲に与えられる人にいつかなります。

 

以上、アメリカでのチップの相場と渡し方でした!