英語で人生を豊かに

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これがHOW TOだ!【裏】ソファーに寝転びながら作る英語脳の作り方!

 
 
 

f:id:takoyakizm:20170126160428j:plain

 
こんにちは、タコヤキです!
 
いつも僕のブログを読んでくれてありがとうございます!
 
今日は前回の記事の続編、

 

英語脳のをどうやって作るのかという
 
英語脳の作り方
 
をご紹介していきます!
 
まだ前回の記事を読んでない方はそちらも読んでみて下さいね^^
 
 

英語脳とは?

 
はじめに英語脳って何?って事なんですが、
 脳を英語にするって事です。
 
そのまんま過ぎます?笑
 
じゃあ、 脳内を英語にする。
 と言えばわかりやすいでしょうか?
 
もう少し言い換えると「脳が無意識に英語に反応できる」 状態を言います。
 
そもそも無意識とはなんでしょうか?
僕はこれを「慣れ」だと思っています。
 
つまり、
 「意識して」同じ事を繰り返し、
「習慣化」するまで続けて脳にその行動を慣れさせるという事ですね。
 
一見矛盾していますが
この「意識して」「無意識化」まで持っていく(習慣化させる)
このは方法は色々な学術書、脳科学の本などで証明、実績、賞賛されています。
 
 
これを使わない手はない!
 

ソファーの上にいるだけで英語脳

 
それではこの「意識して無意識化」するってのと「英語学習」
を掛け合わせていきますね!
 
まず僕の英語学習のゴールとして掲げているものの一つに、
 
「 英語を母国語としている方たちと同じ土俵で会話ができるようになる」
 
というものがあります。
 
でも僕は勉強という机に向かう事が大嫌いでした。
 英語を学ぶという事が教科ではないということに
早くから気付いていたのかもしれません。
 
そんな僕がとった勉強法、
それは海外映画やドラマを見ると言うものでした。
 
ただ見るのではなく
『字幕なしで見る』と言うものでした。
 
一般的に英語の学習法としては、
 英語字幕をつけながら見ると言うのがポピュラーなんじゃないでしょうか。
 
この方法は確かに有効的です。
 
しかし、当たり前ですが英語の字幕はセリフと同時に表示され
会話はどんどん進んでいきます。
 
その結果、映画やドラマを見るのではなく
字幕を追いかけるのに必死になってしまい、一流の役者さんが演じている一流の演技を一切見ることなく映画やドラマを見終わってしまいます。
 
これでは何の役にも立ちませんし面白くもありません。
 
別に単語を速読する練習をしているわけではないので、
初めは英語字幕付きだと何の練習にもなりません。
 

 字幕なし鑑賞方のメリット

 
この方法のメリットは以下の点。
 
1、「英語を聞く事に慣れる
 
これは読んで字の如くなんですが、
どんな効果があるかわかってない人もいると思います。
 
これは運動でいうウォーミングアップ、準備体操です。
英語を聞いてビックリしないような心理状態を作っておきましょう。
 
 
2、「会話のテンポに慣れる事ができる」
 
これも1と同様、読んで字の如くなんですが、
ウォーミングアップの次のステップの
軽い練習だと思って下さい。野球で言うキャッチボールです。
 
この会話のテンポに慣れておく事はとても重要で
これができれば「場の空気を読める」ようになります。
 
せっかく習得した英語を使いたい!
って気持ちはわかりますが会話とは相手がいて初めて成り立つものです。
 
会話のキャッチボールができるように、
より多くの英会話を聞き、リズムとテンポを習得して下さい。
 
 
3、『何を言ってるかはわからないが映像から何をしているのかが伝わる』
 
 
まず字幕なし鑑賞方をいきなり試された方が思うのは、
「話が全くわからん」
というものだと思います。僕も最初はそうでした。
 
それもそのハズ、
初めて見るものを初めて聞く言語で見て理解できるわけがありません。
じゃあどうすればいいのか。
 
あなたが今まで観た中で一番好きな
洋画や海外ドラマを字幕なしで見ればいいんです。
 
そうすればストーリー展開をすでに知っている状態で観れるので
心理的にだいぶ楽です。
 
同じものなんて観たくないと言う方もおられると思いますが、
日本語字幕で観るのと字幕なしで見るのでは感じ方が全く違います。
 
そもそも字幕と言うのは
赤の他人が訳した日本語であり、その役者さんが発している言葉ではありません。
これに気付いてしまうともう日本語字幕をつけて見るのは嫌になります。
 
日本語字幕をつけて観る洋画やドラマは
その訳した人の料理だと思っていいでしょう。
 
最高の食材を誰かが一回食べて吐き出して味付けした状態で食べたいですか?
僕はそのまま食べたいです。
 
この"そのまま"というのは、
英語を無意識化して使える人の特権の一つだと思っています。
 
あなたにも"是非新鮮な食材"を味わって頂きたいです。
 
 
4、『短いフレーズを真似して日常で使うことができる』
 
これはインプットしたものをアウトプットするというものです。
まずインプットの方法ですが映画やドラマの中で話していた短い単語・フレーズを
素早く繰り返しましょう。これをミラーリングと言います。
 
このミラーリングによって反復された単語・フレーズは音として脳に刻まれます。
 
そして
日常でその単語・フレーズを使えるタイミングが来たらすかさず放り込みましょう。
 あとはそれの反復で、相手に飽きられるぐらい使いましょう。
 
5、『最新のシリーズなら時事ネタとして使える』
 
これはアメリカではめちゃくちゃ使えます。
何故ならアメリカでは映画やドラマは一つの文化だからです。
 
アメリカ人はその映画やドラマのストーリーを完璧に覚えているのは当たり前で、
その作品の中で使われたセリフやシチュエーションなどを日常に取り入れて
『ネタ』として使うのが彼らの一種のコミュニケーションなのです。
 
ですから会話に食い込みたいのであれば
とりあえず有名所の映画やドラマは抑えていくべきです。
 
映画で言えばスターウォーズ
ドラマで言えば2017年現在であればウォーキング・デッド辺りですかね。
 
僕はウォーキング・デッドは一切見ていませんが
ダレン?(アジア人)の人が殺された日はFacebook上がその事で
大炎上しておりました。
 
それほど彼らはメディアエンターテイメントに力を入れているし、
国民のみんなもそれを求めているんですね。
 

まとめ

  • 英語脳とは脳が無意識に英語に反応できる状態である
  • ソファーで怠けた分だけ英語脳は作りやすい
  • 字幕なし鑑賞方をマスターして日本未公開の映画もチェック
 
さて、いかがだったでしょうか?
 
あなたも以上の英語脳の作り方を実践し、
少しでも英語に慣れてくださいね^^
 
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
 
 以上、これがHOW TOだ!【裏】英語脳の作り方!でした!