英語で人生を豊かに

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英作文で使える表現のススメ

英作文を書くときには文字数が指定されることがあります。
ただでさえ書くことが苦手な人にとってボリュームを求められる事ほど辛い事はありません。
 
文章にボリュームを持たせるために必要なのは語彙力なんですが、なんでもかんでも覚えればいいというわけではありません。
英作文で出せれるテーマに沿った語彙力がないといかに必死に覚えた単語でも使うチャンスがないのです。
 
「そんなこと言われても何から手をつけていけばいいかわからない。。。」
 
 
ご安心下さい、英作文で絶対不変の使える表現があります。
これらを先に覚えておけば文章の流れを掴むことができるので的確な語彙力がなかったとしても自分の知ってる範囲の語彙力で対応できるようになります。
 
英作文で使える表現とはズバリ接続詞です。
接続詞は前後の文や単語を強調するときに使うものです。
リーディングでもそうなのですがこの接続詞の周りというのは重要な箇所になります。
何故なら・・・
 
と書いたら何故ならの後ろが気になりませんか?
それは何故ならという言葉の後ろには必ず理由がくる事をあなたはすでに知っているからです。
知っているのと使えるのは全然違う事なので使えるようになるためまずはテンプレートとして覚えてしまいましょう。

接続詞の分類は大きく分けて4つ

接続詞の種類は
  • 順接
  • 逆接
  • 添加
  • 対比
  • 転換
  • 例示
  • 選択
  • 説明
  • 捕捉
と9種類あるのですが僕は漢字も暗記も苦手なのでこの羅列を覚えた事はありません。
 
その代わり僕はこの9種類を4つに分類して覚えています。
  1. しかし系
  2. つまり系
  3. さらに系
  4. 例えば系
です。
僕はこの覚え方で接続詞をマスターし、接続詞の周りにだけ注意を払っていたところ日本のセンター試験の国語の現代文で満点を取ることができました。
接続詞すべてを覚えるのは大変なのでこの4分類だけ覚えておきましょう。
 

しかし系

  • However
  • On the other hand
  • Although
  • Yet
もちろん『but』も含まれますがbutは口語的表現であり文章上ではあまり好まれる表現ではないので使いません。
日本語でも『しかし』と『でも』が違うように英語でも場面によって使う単語は異なります。
 

つまり系

  • Thus
  • In other words
  • Therefore
  • Because
つまり系の後には前文の要約や理由がきます。
長々と文章を書いてこのつまり系でピッと締めます。
 

さらに系

  • Also
  • Moreover
  • In addition
  • Furthermore
  • as well as
さらに系は追加の情報を付け加えるときに使います。
ジャパネットたかたで頻出する表現ですね。
 

例えば系

  • For example
  • For instance
  • Such as
例えば系は文字どおり例を陳列するときに使います。
僕は文章が全くかけなかった時にFor exampleでひたすら例を上げて文字数をカサ増ししまくっておりました。
 

締めの言葉

 
  • As I described above,
  • In conclusion,
コンクルージョンと呼ばれる最後のパラグラフでは自分が書いた文章全体の要約を書かなければいけません。
そしてこれは絶対不変ですのでコンクルージョンの書き出しはテンプレートとして暗記してしまいましょう。
 
As I described aboveの意味は「上述したように、」
In conclusionの意味は「結論、」
 
この二つは大抵どんなテーマの英作文を書いてもフィットするのでかなり使えます。
使えますというかこの二つしか記憶にありません。笑
 

まとめ

接続詞は英作文、リーディングどちらとも重要なポジションにいる子です。

 接続詞なしでは英作文というより日記になってしまい、読み手側が長めのLINEを読まされている気分になってしまいます。
それを避けるためにもまずは接続詞を使いこなせるようになり基礎を固めましょう。
 
以上、英作文で使える表現のススメでした!