英語で人生を豊かに

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗から学ぶアメリカの学校をターミネイトされた時の対処法

アメリカに来る留学生で学校に行かずバイトや遊びで精一杯の人がいます。

僕もその一人でした。

 

僕は2年程不法滞在をしてしまった経歴があるのですがもし過去の自分に会えるなら

絶対に止めています。

確かに学校はめんどくさいです。

 

「高い授業料払ってるのにもったいないと思わないの?」

 

と言う人もいますがそう言う事じゃなかったんですね。

当時の僕はハッキリ言って迷っていました。

将来やりたい事も見つからないし日々のバイト代のほとんどが授業料に消えていく。

ロサンゼルスは好きだし日本に帰る気もない。

いっその事安い語学学校にでも逃げるかなー

 

そんな時に僕は通っていたコミュニティカレッジをターミネイトされました。

 

 

学校をターミネイトされるとどうなるのか?

ターミネイトされるというのは学校をクビになるという事であり、所属していた学校のI-20を無効にされるという事です。

 

もちろんですが通っていた学校には通えなくなります。

ターミネイトの宣告を受けてから15日の執行猶予期間が与えられ、15日以内に出国しない場合には不法滞在(俗にいうアウトオブステータス)になります。

 

この15日間の間で不法滞在を避ける事が出来る方法は以下の二つ。

 

  1. 日本に帰国してアメリカの領事館に行き、F-1 VISAの再発行をしてターミネイトされた学校に戻ってフル単位(12単位)以上を取得し私はやる気ありますよーという姿勢を見せる。
  2. 国内で新たにI-20を発行してくれる学校を見つけ出し、新たに発行されたI-20を持ってアメリカ国外に出国→I-94を持って入国する。

 

この二つの方法の中に矛盾している点が一つあります。

領事館に行ってVISAを再申請するという事です。

 

勘違いしている人が多いのですが学校をターミネイトされたからと言ってVISAは取り消しにはなりません。

F-1 VISAの場合のアウトオブステータスとはI-20が無効の状態なので記録としては残りますがVISAは剥奪されません。

 

しかしながらターミネイトした学校側にとって生徒は大事な収入源なので自分の学校に戻ってきて欲しいわけです。

そこ学校側は一度帰国させてVISAを再申請する方法以外生徒に教えてくれません。

せこいですよね。笑

 

アウトオブステータスになったらどうなるのか

いわゆる『モグリ』というジャンルの人達になります。

今でさえアウトオフステータス専用の免許証を取得する事ができますが、

ひと昔前まで不法滞在者は免許の更新もできませんでした。

 

不法滞在者というとしっかり犯罪者なイメージですがアメリカにはアウトオブステータスの人達が2014年時点で1100万人います。

これはアメリカ全体の人口全体の約4%になります。

 

安心したらダメですよ。笑

出来るだけ94%に入っておきましょう。

 

正直アウトオブステータスになった瞬間はそれからくる痛みに鈍感です。

アウトオブステータスになって一番の痛手はVISAの切り替えやグリーンカードの申請ができなくなる事にあります。

 

不法滞在までしてアメリカに居続けるという事はその先ずっとアメリカに住む気でいるって事ですよね?

なのにも関わらずアウトオブステータスになってしまうと折角後で周ってきたチャンスを棒に振る事になります。

 

大事なのはその時点でのプラスマイナスではなく今後自分がどうして行きたいかです。

もしアメリカに住みたいという意思があるのであればアウトオブステータスは絶対に避けて下さい。

それが原因で必ず後悔する事になります。

 

調子にのって不法滞在の道を選んでしまったのですが…

ようこそタコヤキランドへ。笑

そんなだらしないあなたはもう手遅れです。

…と決めつける前に一つだけチェックしなければいけない事があります。

『VISAの有効期限』です。

 

I-20を切らして不法滞在で数年経過してるとしてもVISAさえ切らしていなければまだ助かる可能性があるんです。

実際に僕もそうでした。

 

やり方はターミネイトされてすぐの時と同じでまずI-20を新しく発行してくれる学校を見つけます。

そしてその学校で新しく発行してもらったI-20を手に国外(僕の場合はメキシコでした )に出ます。

そしてI-94をゲットし(ここ重要です)その二つの書類を持って入国し直します。

 

僕がメキシコを選んだ理由は二つ。

  1. 近いから
  2. アメリカを出国したスタンプがもらえないのでいつアメリカを出たのか足がつかないから

 

注目すべきはこの2です。

カリフォルニアからメキシコに出た事がある方はご存知だと思いますがアメリカからメキシコに出るときは遊園地の入り口のクルクルして入るヤツです。

 

え、まじで?笑

となりましたがアメリカは入国には凄く厳しいのですが出国はとても寛容です。

なのでいくら過去に悪い事してようと出て行く分にはお咎めなしです。

 

ちなみに僕は2年以上の不法滞在歴があったのでハラハラドキドキで膝も笑いっぱなし

でしたが何とか入ってこれました。

 

今の時代VISAもあって学校にもちゃんと通っているのにも関わらず入国拒否を受ける人もいるぐらいなので僕は自分でも本当にラッキーだったなと思います。

 

しかし僕が出来たんだから他の人でも出来るんじゃないかというのが本音です。

大事なのはI-20を発行してくれる、不法滞在経験者を学校に通わせるリスクを払ってくれる学校側の人間の見極めだと思います。

僕はコリアン系の学校だったのですが友達の最初行った時に100%大丈夫と言われて疑いまくり、コリアンの友達を連れて韓国語で話し合ってる所も観察しました。

 

その時僕と話している態度と明らかに違えば僕はメキシコに出るというギャンブルはしていなかったと思います。

しかしながら僕の友達も「あれが演技ならかなりのやり手だ」というぐらいその人が自然体だったらしく僕は友達を通してその人を信用して人生賭けてみる事にしました。

成功して良かったー

 

まとめ

  • 真面目が一番。不法滞在は絶対に避けましょう。
  • もしターミネイトされてしまったら逃げ先の語学学校を探しましょう。
  • 不法滞在だからと諦める前に必ずVISAの機嫌をチェック!

 

今回はアメリカ国内にいる留学生に向けて書いた記事だったんですがもし僕と同じ境遇の方がいれば相談に乗ります。

学校が見つからないのであれば僕がギャンブルに成功した学校に駆け寄って話を聞いてみます。

 

大事なのは一人で悩まない事、そして簡単に諦めない事です。

せっかく日本出たんだし一回の失敗で海外生活終わらせたくないですよね。

 

以上、アメリカの学校をターミネイトされた時の対処法でした!