英語で人生を豊かに

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりたい事が見つからない時に夢を見つける方法

 

f:id:takoyakizm:20170207193658j:plain

こんにちは!タコヤキです!

僕がブログを書くキッカケになった方のブログで夢の事について語られていたので

僕も夢について書いてみます!ちなみにコチラがその方のブログです!

www.shotanomad.com

 

 

 

夢っていいですよね!

寝てる時の夢の意味じゃなくて人生のゴールの方の夢の意味ですよ!

夢抱いてる人って単純にかっこよくないですか?男女問わず!

叶えてる人はもっとカッコイイです!

 

情報デブ時代

でも人生でこれを成したい!って強く思えるものって

そうそう見つかるもんじゃない。実際僕もそうでした。

 

最近はあまり会わないですが20代前半には僕の周りはそういう人達で

溢れかえっていました。

というか夢なんて持ってなくて当たり前でした。

 

もちろん僕自身もその一人。

最初はラジオDJを目指してはいたものの志半ばでなんか違うな〜と思ってすぐ辞めてしまいました。

 

それからしばらくだらけてたんですが僕は留学してから本の素晴らしさというものに

気付かされ完全に活字中毒になっておりました。

 

本は読めるがなかなかやる気が起こらないので読む本は決まって自己啓発系。

どの本を読んでも

"大きなゴールを見つけろ"とか"目的を持って行動しろ"と書かれていて

「それはわかってるんだけど見つからねーんだよ〜泣」

という気分にいつもさせられていました。笑

 

今世紀最大の衝撃

そんなある日、日本で歴史的大きな震災がありました。

『3・11』です。

現場どころか日本にさえいなかったのでインターネットから拾う情報が全て。

 

押し寄せる黒い壁のような津波、屋根の上のどでかいクルーザー。

目に入って来る情報はまるで映画でした。

 

「自分の国の一大事に何もしてあげられない。」

 

そう思った留学生は当時こぞって街角や学校で募金を集めていました。

でもその募金活動を僕は何処か冷めた目で見ていました。

 

自国のピンチを餌に人様からお金を頂くという行動が本当に正しい事だろうか。

募金を集めた所で被災者に本当に届くのだろうか。

むしろその額で何になるというんだ。継続できるのか。

そう思いながらも歌を歌うしかなかった歌手達のように僕も$100を募金。

 

その後目にした光景が今でも忘れられません。

「隣で募金お願いしまーす!」と叫んでる日本人に対し、

「昨日したよ!金せびるんじゃねーよ!」と言い返す他国の人。

 

それもそのハズ。

同じ場所で毎日募金集めていたって同じ人にしか会わない。

つまり同じ人からしかお金を頂けない。

それではただのタカリ。

 

これではいけない。

自国がピンチなのはわかるが他国に自国のイメージダウンをされることの方が

外国にいる身としては辛い。

 

でもやっぱり何か役に立ちたい。

 

お金ではなく愛を集めよう

そんな時インターネットラジオ時代からの知り合いから連絡が入り、招集。

集まった人は皆悲痛の顔を浮かべ、でも何か役に立ちたいという人ばかりだった。

 

そこで提案されたのが道行く人に"愛"という漢字をボードに書いてもらって

書いてもらったボードと一緒に写真を撮ってそれを1000枚集めてポスターを作り、

被災地に送るという物だった。

 

その名も愛fromLA。5年も前の動画だがまだ残っていた。


愛 (AI) From L.A. [東北地方太平洋沖地震復興活動支援団体] 040211

 

話を聞いて即やる事を決意し、翌日から当時通っていた学校にブースを設けさせてもらって一人で"愛"を集める事にした。

 

キャンパスにいる人達はみんな日本の事を心配していて快く時間を割いてくれた。

当時古着のイベントやバレエダンスの発表会などでブースを設けさせて頂き、

今でも一年に一度ぐらいのペースでまだ続けているこの企画。

 

ボランティアをやり始めた当初はこんなに続けるとは思っていなかったし、

これをやった事で出会えた人達との繋がりも想像していなかった。

 

今ではそのボランティアを通して

より一層仲の良くなった人達と一緒に仕事をさせてもらっている。

 

mixiでラジオを手伝わせて欲しいと頼んだ事がキッカケで繋がった縁。

今では縁が凄く太い物になった。

本当に出会いに感謝。ありがとうございます。

 

まとめ 食べてみないとわからない

結果、何が言いたいのかというと

何事も経験してから好きか嫌いか決めるのが一番だという事。

初めて食べる物を、食べる前に美味しいかどうかは決められないしわからない。

それを見たり聞いたりした所でもやはりわからない。

口に入れ噛み締めて初めて美味しいかどうかの判断ができます。

 

食わず嫌いであれもやりたくないこれもやりたくないと言っていた所で何もわかりっこないし、そこからは何も見えてこない。

 

今あなたが見てる景色と1km先からみた景色は確実に違うハズだし、

1km先の景色はそこからしか見ることができない。

自分の足で歩き、経験してみないことには何も始まらない。

 

だからまだやりたい事が見つからないあなた。

とりあえず食べる、経験する事から初めてはどうだろうか。

 

好きだったら続ければいいし、嫌いだったら辞めればいい。

品定めは経験してからすればいい。

今の時代大抵の情報は手に入るが自分で得た経験は自分だけのもの。

 

もし今日あなたが死ぬと知っていたら

目の前にあるご馳走を前に優柔不断になって何から食べたらいいかわからなーいと言って死ぬだろうか。

 

どうせなら全部口に入れて死にたくないですか?。

 

人生、『美味いか不味いか』ではなく『食べたか食べてないか』じゃないだろうか?

 

以上、やりたい事が見つからない時に夢を見つける方法でした!

 

関連記事:

日本人から世界人へ - 英語で人生を豊かに